« 出席した聖会にて ~小羊うるちゃん物語へのコメント~ | トップページ | クリスマスについての考察~小羊うるちゃん物語へのコメント~ »

2020年6月30日 (火)

キリスト教は弱々しい? ~小羊うるちゃん物語へのコメント~

以下に記載したQ&Aは、小羊うるちゃん物語のコメントです。

「『私は罪人であり、さげすまれ非難中傷されるに値する者』それがイエス・キリストに従う者の道」とい言葉に反論する人々がいます。彼らは、「王の王、主の主であるキリストを信じて救われた時、神の子となったので、弱々しい卑下するような考えはふさわしくない。」「罪も信じた時に赦されたのだから、いつまでも罪人意識は必要ない。」と主張します。そのような人たちは、「私には罪がない」と言っています。
賜物を追い求め、自分が高くなって、混乱を招いているコリントの教会にパウロは、このように言っている。
「神は私たち使徒を、死罪に決まった者のように、行列のしんがりとして引き出されました。こうして私たちは、御使いにも人々にも、この世の見せ物になったのです。私たちはキリストのために愚かな者ですが、あなたがたはキリストにあって賢い者です。私たちは弱いが、あなたがたは強いのです。あなたがたは栄誉を持っているが、私たちは卑しめられています。今に至るまで、私たちは飢え、渇き、着る物もなく、虐待され、落ち着く先もありません。また、私たちは苦労して自分の手で働いています。はずかしめられるときにも祝福し、迫害されるときにも耐え忍び、ののしられるときには、慰めのことばをかけます。今でも、私たちはこの世のちり、あらゆるもののかすです。」(Ⅰコリント 4:9-13)
「あらゆるもののかす」
とまで言っているんじゃ。また、「私はあなたがたに勧めます。どうか、私にならう者となってください。」(Ⅰコリント 4:16)とも言って、キリストの道を指し示しているのぉ・・・。これは卑下ではなく、神を知るゆえ出た行動を伴った言葉じゃ。
キリストにあって義と認められても、罪の性質がなくなったわけではない。「 私はその罪人のかしらです。」(Ⅰテモテ 1:15)と言ったパウロは、特別ではなく、罪をよく知っているゆえに心からそう言ったのじゃ。罪がわからないとしたら、神はもっとわからない。罪を知って、神の救いを受け、感謝と赦されている喜びの中にとどまっていようではないか。そうすることで、罪からも守られることになるのじゃ。
すっきりしました。
聖書がいう本当の強さは、何があっても耐え忍ぶことができる強さ、自分を無にし、主にすべてを委ね、何があっても動じない内面の強さじゃ。これは、主を信じているからこそ、できる強さじゃ。

 

|

« 出席した聖会にて ~小羊うるちゃん物語へのコメント~ | トップページ | クリスマスについての考察~小羊うるちゃん物語へのコメント~ »

00 コメント」カテゴリの記事