« 聖書から見たサタンの性質 | トップページ | 危険な教えから守られるために »

2018年11月19日 (月)

異端の性質

キリスト教異端派の創始者には、どれほど小さい宗派(セクト)でも必ず、正しいのは自分であり、既成の教会は、 誤っていることを時が証明するであろうという同じ期待がある。※1

 キリスト以前からあり、キリスト教にも取り入れられた異端に、グノーシス主義があった。 これは、「ギリシア、ユダヤ、オリエントの思想を吸収したもので、物質界は悪であるので、善なる神が物質界を創造したことはありえない、 堕落した霊的存在であるソフィア(知恵)の子供が物質界を造ったのである。そして、救いは、信仰と愛だけで得られるのではなく、 哲学的知識や直感、魔術的儀式や教え、秘密の知識の伝授によって得られる。」というものである。
 使徒の働き8章は、魔術師シモンのキリスト教徒への改宗を描いている。 このシモン・マゴスは、ピリポによって洗礼を受け(使徒 8:13)、お金で聖霊の賜物を買おうとしてペテロの叱責を受けたときは謙遜に応えた(使徒 8:18-24)。しかし、その後、彼はキリスト教から離れてしまった。彼は、必ずしも、完全なグノーシス主義ではなかったが、 教父たちはシモン・マゴスを異端の父、いくつかのグノーシス主義の産みの親、初めてグノーシス主義の要素をキリスト教に結びつけた人物とみなしている。 彼は、「偉大な啓示」というグノーシス主義の文書の著者とされている。シモン・マゴスは、サマリヤ人のメシアになったのみでなく、シモンは第一の神、 あるいは至高神と自称しさえしたという。シモン・マゴスが起こした宗派(セクト)の一つはシモン派と呼ばれ、世界を救うためにシモンはこの世に来た、と主張した。※2
 シモン・マゴスのように、キリストを信じても、悔い改めに向かわず、欲に支配されるなら、このような異端を生み出す危険がある。

 聖書にも、異端的教えは見られる。
 割礼や律法に従うことも強いずに、異邦人キリスト教徒を受け入れていたパウロに反論して、ユダヤ人キリスト教徒は、「割礼と律法の遵守を行わなければ、救われない。」という主張を立てた。 これが、激しい論争となったので、エルサレム会議を開き、『聖霊と私たちは、次のぜひ必要な事のほかは、あなたがたにその上、どんな重荷も負わせないことを決めました。 すなわち、偶像に供えた物と、血と、絞め殺した物と、不品行とを避けることです。これらのことを注意深く避けていれば、それで結構です。』」(使徒 15:28,29)という決定を下した。
 このユダヤ人キリスト教徒の系統は、パウロの死後数世代間、4世紀か5世紀に至るまで、教会内部の少数の異端者として存続していた。※3

 

引用:※1 「異端の歴史」(D・クリスティ=マレイ著 教文館発行)  20頁
参考:※2 「異端の歴史」(D・クリスティ=マレイ著 教文館発行) 39-40頁
引用:※3「異端の歴史」(D・クリスティ=マレイ著 教文館発行)   29頁

|

« 聖書から見たサタンの性質 | トップページ | 危険な教えから守られるために »

00 教会問題」カテゴリの記事