« いのちのことばを握って歩もう。 | トップページ | 教会の境界線? »

2013年10月17日 (木)

風は思いのままに吹く

「風はその思いのままに吹き、あなたはその音を聞くが、それがどこから来てどこへ行くかを知らない。御霊によって生まれる者もみな、そのとおりです。」(ヨハネ 3:8)

心砕かれ、100%捧げる決意をする者をわたしは用いる。
わたしの吹かせる風に身を任せて、自由に従う者をわたしは求めている。
あなたは何かを持っていると思ってはならない。
あなたが持っているものでわたしが与えなかったものはないからだ。
あなたがもっているものをわたしに差し出しなさい。
そうすれば、わたしはいく倍にも祝福し、あなたを満たそう。
風の流れをとどめたり、流れを変えようとしたりしないように注意しなさい。
汚れた水が少しでも残っているならば、いくら聖い水を注いでも、ピュアな水にはならない。
古い考えや自我を捨て去りなさい。
そしてわたしがあなたを作り変えようとするがままに、委ねなさい。
大いなる祝福があなたを待ち受けている。
--------------
聖霊さまは、聞き従ってくるものを、喜んで満たして下さる。
聖霊さまに触れられて、私達にも喜びが満ちる。
その喜びによって、神さまに従おうと思い、神さまに少しでもお返ししたいと思って、捧げる心が起こる。
まず、神がある。神の愛が先にある。
主に委ねて、歩んでいこう。喜びがあふれ満ちる!

|

« いのちのことばを握って歩もう。 | トップページ | 教会の境界線? »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

43 ヨハネの福音書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いのちのことばを握って歩もう。 | トップページ | 教会の境界線? »