« 涙の伝道 | トップページ | 信仰によって受け取ろう »

2013年9月 3日 (火)

証への非難にくじけそうになった時

「これを聞いたパリサイ人は言った。『この人は、ただ悪霊どものかしらベルゼブルの力で、悪霊どもを追い出しているだけだ。』」(マタイ 12:24)

 

ある主にある人が、自分に主がどんなふうに働かれたか、主の証を出会う人ごと
にしていた。
しかし、信じてもらえず、しかも信仰の先輩たちからも、戒めの言葉をかけられ、
喜びが失われていきそうになった。
主に心を向けた時、主が語ってくださった。
------------------
あなたの証への中傷は私への中傷であることを覚えなさい。
信仰の目で見ず肉の考えで判断することがパリサイ人の道です。
パリサイ人らは宗教的に頭で判断し、動いた結果、わたしを十字架につけて抹殺
しようとしました。
あなたの歩んだ道は、わたしや父なる神が人間に注いだ愛=神の愛を現す道でした。
引きずり降ろそうとする敵の策略に翻弄されずに、わたしから離れずについてきなさい。
あなたに与えた霊的感性は、これからの時代になくてはならないものです。
自信を失うことなく、突き進みなさい。
やがて主の栄光を見よう。

|

« 涙の伝道 | トップページ | 信仰によって受け取ろう »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

40 マタイの福音書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 涙の伝道 | トップページ | 信仰によって受け取ろう »