« 信仰の試練 | トップページ | 罪に対する態度 »

2013年6月15日 (土)

面倒がらずに主を信じて…

「こうして、この宮はダリヨス王の治世の第六年、アダルの月の三日に完成した。」(エズラ6:15)

 

捕囚で散らされていた神の民が自国に帰り、一つとなって主の宮を再建することは、主のみこころであった。
しかし、エルサレムに帰還し、神殿再建に着手して間もなく、15年間工事は中断してしまった。
敵が妨害し、宮を建てさせまいとしたからである。
ハガイとゼカリヤというふたりの預言者の預言によって、神殿建設が再開された。
今回も、やめさせようとするかのように総督たちがやってきたが、この総督たちは公平に物事を処理した。
現王ダリヨスに手紙を送って、過去の文献の記録を調べさせたところ、クロス王が確かに命令をくだして、しかも、神殿建設のために援助していることが判明したのであった。
王の印の命令は変えることができない。
こうして現王ダリヨスによって再び援助するよう命令が下され、邪魔する者を罰する命令が下された。
長い月日は要したが、宮が完成され、神の民は再び主によって一つとされた。
--------
正しいことをしているなら、いかに敵が多く妨げたとしても、祈りのもと、ゆるがずに堅く立って手順をふめば、勝利はやってくる。
主による正しい行動は、誰にもくつがえされることのない完璧な証拠が用意されている。
時間がかかっても、面倒がらずに、放り出さずに説明しよう。主が後押しされる!!

|

« 信仰の試練 | トップページ | 罪に対する態度 »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

15 エズラ紀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信仰の試練 | トップページ | 罪に対する態度 »