« 平安の大切さ | トップページ | 環境にも神のみこころがある! »

2013年5月19日 (日)

神の義

「義は平和をつくり出し、義はとこしえの平穏と信頼をもたらす。わたしの民は、平和な住まい、安全な家、安らかないこいの場に住む。」(イザヤ 32:17,18)

 

神は愛である。と同時に、神は義でもある。
真実の愛は、義と共存する。
義(正しさ)の判断基準はどこにあるだろうか。
正しい完全なお方は、神だけである。
そして、そのお方は愛である。
ある教会の指導者が、ヘブル13:17「あなたがたの指導者たちの言うことを聞き、また服従しなさい。」のみことばを用いて、自分に従うことを強要した。
従わない信徒は排除していった。
その結果、教会を離れる信徒が続出した。
何をどこで間違ったのだろうか。
その指導者は、確かにみことばを用いていたが、自分の支配欲を満たすために、みことばを利用してしまったのである。
そのことが明らかになるまでは、長い年月が流れ、その間、多くの人たちが神につまずき離れていったのであった。
---------------
みことばを読む時、主ご自身を正しく知ろう。
知らないままに適応してしまうと、さまざまな解釈が生まれてくる。
正しいお方は神だけであるというへりくだりと、その愛ゆえに私たちに選択の自由を与えておられるということを忘れずに、しっかりと主につながっていこう。
主の義の中には、愛があふれ、平和と信頼が息づいている!!

|

« 平安の大切さ | トップページ | 環境にも神のみこころがある! »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

23 イザヤ書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平安の大切さ | トップページ | 環境にも神のみこころがある! »