« 主は罪人を見捨てられない。 | トップページ | 平安の大切さ »

2013年5月17日 (金)

神の民の一致

「王は律法のことばを聞いたとき、自分の衣を裂いた。」(Ⅱ歴代誌 34:19)

 

マナセの孫であるヨシヤは、8歳で王となった。
ヨシヤは、主の目にかなうことを行なって、徹底的に偶像とその祭壇を打ち壊した。
主の宮を修復している時、祭司が律法の書を発見した。
今まで、開かれていなかった聖書を発見したのであった。
記されている律法のことばを聞いた時、ヨシヤは、驚愕し悔い改めを表明した。
のろいを受けて当然の偶像礼拝をしてきた神の民。
実際、記されているとおり、北イスラエルの主とは敵の手に渡されてしまっている。
主のみこころを知ったヨシヤは民にも読み聞かせ、悔い改めによる主への従順を徹底させたのである。
---------------
聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益なものである。
神を知りたいと思って、聖書を読むとき、神はみこころを語りかけられる。
神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭いものである。
同じみことばを読んでいても、その時々の必要に応じて、語ってくださる。
今日も、神の矯正のことばを素直に受け取り、悔い改めることができますように。
そこに神の民の一致がある。

|

« 主は罪人を見捨てられない。 | トップページ | 平安の大切さ »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

14 歴代誌 第二」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 主は罪人を見捨てられない。 | トップページ | 平安の大切さ »