« 神の制約 | トップページ | 「キリシタン殉教の道を辿る」(田中菊太郎著 マルコーシュ・パブリケーション出版) »

2012年12月24日 (月)

クリスマスを祝おう

「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」(ルカ 2:11)

 

クリスマスは、キリストの生誕を祝う日である。
ところが、このクリスマスを否定する意見が、クリスチャンの中でも見られることがある。
聞いた理由はこうである。
 ・キリストが生まれた日は12/25のように寒い冬ではなく、日にちが異なるから。
 ・12/25はもともと太陽神を礼拝していたケルト人の祭りを生誕の祝日としたから。
 ・クリスマスによく見られるマリアに抱かれた赤子のイエスの姿が、力強い神のイメージを薄れさせてしまうから。
 ・クリスマスは、最も世の霊が働いているから。 などなど…
---------------
全知全能の神であられるのに、私たち人類を罪の束縛から贖うために、無力な人(しかも赤子の姿)となって、この世に来られたキリストを、12/25を定めて、世界中が喜び祝うクリスマスに、神の栄光が豊かにありますように。
アーメン。

|

« 神の制約 | トップページ | 「キリシタン殉教の道を辿る」(田中菊太郎著 マルコーシュ・パブリケーション出版) »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

42 ルカの福音書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神の制約 | トップページ | 「キリシタン殉教の道を辿る」(田中菊太郎著 マルコーシュ・パブリケーション出版) »