« 人の心は移ろいやすい | トップページ | 祈りが聞かれる秘訣 »

2012年3月 8日 (木)

神による絆

「イエスは言われた。『神がもしあなたがたの父であるなら、あなたがたはわたしを愛するはずです。なぜなら、わたしは神から出て来てここにいるからです。わたしは自分で来たのではなく、神がわたしを遣わしたのです。」(ヨハネ 8:42)

 

イエスは、イエスの話を聞いて信じたユダヤ人に話された。「もしあなたがたが、わたしのことばにとどまるなら、あなたがたはほんとうにわたしの弟子です。そして、あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。」と。神が私たちの幸せのために与えて下さった律法を人間は、いつのまにか、「○○しなければならない。○○するべきだ。」という肉の規則にすり替えていた。しかも、いろいろな規則を追加して、それが神のみこころであるかのように教えていた。その教えは、人を束縛し、窮屈にし、喜びを奪い、神への認識をもすり替えていた。そのような教えの行く先は、結局、罪であり、自分の思いにしがみつく頑なさ(罪の奴隷)である。イエスは、「神から出たものは、わたしを愛するはずである。」と言われた。神から出た者は、イエスの語る神の愛、愛が具現化したイエスを愛するようになっているのである。

 

----------------------
神の愛にとどまりつづけると、自然に、神を愛する者たちは、引き寄せられるように集められていく。その絆は、神の愛によるものであり、強く、誰も切ることができないものである。しかし、肉によって生まれた人間は、弱く、神の愛から目を離しがちである。その隙をつくかのように、関係が壊れ、崩すような事柄が起こっていく。イラっとしたとき、ムカっときた時は、イエスを思い出そう。ねたみ、そしり、あざけりを超え、神の愛にとどまり続けた主が、いつもともにいてくださることを。

|

« 人の心は移ろいやすい | トップページ | 祈りが聞かれる秘訣 »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

43 ヨハネの福音書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人の心は移ろいやすい | トップページ | 祈りが聞かれる秘訣 »