« 神による絆 | トップページ | たとえ何もなくても養って下さるお方 »

2012年3月 9日 (金)

祈りが聞かれる秘訣

「神は、罪人の言うことはお聞きになりません。しかし、だれでも神を敬い、そのみこころを行なうなら、神はその人の言うことを聞いてくださると、私たちは知っています。」(ヨハネ 9:31)

 

聖書でいうところの罪人は、すべての人である。行為に移すかどうかは別として、罪の根となる思いに心当たりがないという人は、一人もいないだろう。そうしたら、すべての人が絶望的ではないか、と言いたくなるところである。しかし、神は、そのような私たちの罪を赦し、義と変えてくださる道を備えてくださっている。「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、 ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。」キリストを信じ、義とされた私たちが、神を敬い、みこころを歩むならば、祈りは聞かれるのである。

 

----------------------
私たちを愛してくださっている神は、絶えず、私たちの願いを聞いてくださっている。ならば、なぜ、祈りが聞かれないのだろうか。神を敬っているか、みこころを行なっているか、祈りで心を探っていただこう。神を敬い、みこころを行って、それでもなお聞かれないなら、時が満ちていないのである。神は、私たちの成長を待たれる。神に委ねて、今日も歩んでいこう。

|

« 神による絆 | トップページ | たとえ何もなくても養って下さるお方 »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

43 ヨハネの福音書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神による絆 | トップページ | たとえ何もなくても養って下さるお方 »