« 罪に対する悲しみ | トップページ | 人の心は移ろいやすい »

2012年1月11日 (水)

神への信頼

「それにもかかわらず、マナセが主の怒りを引き起こしたあのいらだたしい行ないのために、主はユダに向けて燃やされた激しい怒りを静めようとはされなかった。」(Ⅱ列王記 23:26)

 

ヨシュアは、徹底的に偶像を破壊した。すたれていた過越しのいけにえをもささげた。しかし、主は、ユダにもたらしたマナセの偶像礼拝の悪を許されなかった。

 

----------------------

 

罪を許すのは、神にとって簡単なことである。しかし、罪を許しはしても、人間は矯正されない。罪のもたらす結果を味わうことなしには、人間には罪を悔いることができなかっただろう。愛である神は、私たちにあえて試練を通される。試練によって、私たちは、多くのことを学ぶ。神は、神を愛する者たちに対し、不必要なことはなされない。どんな時にも、神を信頼し、神に感謝をささげよう。

|

« 罪に対する悲しみ | トップページ | 人の心は移ろいやすい »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

12 列王記 第二」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 罪に対する悲しみ | トップページ | 人の心は移ろいやすい »