« 誤った熱心 | トップページ | 祝福への道 »

2011年12月 3日 (土)

心を広げて下さる主

「主は、私を広い所に連れ出し、私を助け出された。主が私を喜びとされたから。」(Ⅱサムエル 22:20)

 

ダビデは、自分を殺そうとするサウルの手から逃れるため、逃亡生活を送った。王や王に組する者たちが敵となって、ダビデを追っていた。そのような苦しみの中、主が心の支えだった。主との交わりがダビデの希望だった。父エッサイのところで羊の番をしていた時、預言者サムエルがやってきて、主の油を注がれた時から、主を友として歩んできたダビデであった。寂しい荒野の逃亡生活で、心が苦しくなると、主に呼び求めた。主はいつもその叫びに応じてくださり、狭く囚われている心を解き放って下さった。ダビデの行いが、主への愛から出ていたからであった。主はその心を見て取り、ご自身の喜びとしてくださっていた。

 

----------------------

 

問題を見つめていると、問題ばかりが心を占め、がんじがらめになってしまう。そのような時は、ダビデのように、主を見上げ、心から呼ばわろう。主は、心の地境を広げて下さる。恐れも、許せない思いも、主の前に持って行こう。すべてをご存知の主は、私たちの心を解き放ってくださる。

|

« 誤った熱心 | トップページ | 祝福への道 »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

10 サムエル記 第二」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 誤った熱心 | トップページ | 祝福への道 »