« 地面を打て | トップページ | 罪に対する悲しみ »

2011年12月27日 (火)

あっちもこっちも?

「彼らは主を礼拝しながら、同時に、自分たちがそこから移された諸国の民のならわしに従って、自分たちの神々にも仕えていた。」(Ⅱ列王記 17:33)

 

サマリヤがアッシリヤに取られ、イスラエル人はアッシリヤに捕え移された。それは、イスラエル人が主の道に歩まず、他の神々に仕えることをやめなかったからであった。アッシリヤの王は、イスラエルの人々の代わりに、周囲の国々から人々を連れてきて、サマリヤに住ませた。その民は主を恐れることを知らなかったため、獅子が送られ彼らを殺した。アッシリヤの王は、捕えていった祭司のひとりを連れてきて、ベテルに住まわせ、主の礼拝を教えさせた。しかし、サマリヤの人々は、めいめい自分たちの神々を安置し、祭儀を行った。これ以来ずっと、サマリヤの人々は、主を恐れ、同時に、刻んだ像にも仕えた。

 

----------------------

 

神はただおひとりである。そうでなければ、もはや、完全なる神ではない。「だれも、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。」と主イエスは言われた。ただ、神だけを愛し、恐れていこう。

|

« 地面を打て | トップページ | 罪に対する悲しみ »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

12 列王記 第二」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地面を打て | トップページ | 罪に対する悲しみ »