« 祈りの効用 | トップページ | 預言 »

2011年12月12日 (月)

支えとなる祈り

「七度目に彼は、「あれ。人の手のひらほどの小さな雲が海から上っています。」と言った。それでエリヤは言った。「上って行って、アハブに言いなさい。『大雨に閉じ込められないうちに、車を整えて下って行きなさい。』」」(Ⅰ列王記 18:44)

 

カルメル山でのバアルの預言者たちとの戦いで、民の面前で、主とバアルの違いを明らかにし、バアルの預言者たちを一掃した後、エリヤは、アハブに「上って行って飲み食いしなさい。激しい大雨の音がするから。」と言った。エリヤは、先ほどの戦いの祭壇の場のカルメル山に登り、地にひざまずいて祈った。それから若者に海が見えるところに上って行かせた。「何も見えません。」と報告する若者に、7度繰り返させ、7度目に手のひらほどの小さな雲が海から上っているのが見えた。小さな雲だったが、やがてエリヤが言ったとおり、激しい大雨となったのである。

 

----------------------

 

エリヤは「アハブに会いに行け。わたしはこの地に雨を降らせよう。」という主のことばによって、アハブのもとに遣わされたが、雨が降る気配は全くなく、晴れ渡った空には、小さな雲ひとつない状態だった。そのような中、エリヤは、アハブに大雨を宣言し、「雲ひとつ見えない」と報告する若者が行き来する間も、揺るがなかった。エリヤには、主の言われたことは、絶対であると信じていた。王に殺されそうな目に合いながらも、主を信じることができたのは、祈りの中、主の真実をいつも体験させていただいていたからである。弱さを覚えた時、どこにいても、必ず主が励ましを与えてくれた。時にはからすを、また別の時は天使を遣わして…。私たちもエリヤのように、へりくだり、ひざまずいて祈ってみよう。主のなさろうとすることが見えてくる。

|

« 祈りの効用 | トップページ | 預言 »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

11 列王記 第一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祈りの効用 | トップページ | 預言 »