« 支えとなる祈り | トップページ | 信仰によって »

2011年12月14日 (水)

預言

「 彼は答えました。『私が出て行き、彼のすべての預言者の口で偽りを言う霊となります。』すると、『あなたはきっと惑わすことができよう。出て行って、そのとおりにせよ。』と仰せられました。」(Ⅰ列王記 22:22)

 

イスラエルの王アハブがラモテ・ギルアデに戦いを挑もうと、ユダの王ヨシャパテに応援を頼んだ。ヨシャパテは、まず、預言者にみこころを聞くことを願った。アハブは、四百人もの預言者を呼び寄せた。預言者たちは、口をそろえて、「戦いに行け。勝利する。」と述べた。ヨシャパテが、「他に主のみこころを求めることのできる預言者はいないのか」と聞くと、アハブは、「もう一人、ミカヤという、私については良いことは預言せず、悪い預言ばかりする預言者がいる」と答えた。ミカヤは、「アハブを倒すために、預言者たちは惑わされているのだ。」と語ったのであった。

 

----------------------

 

主のことばを退け続けているアハブに、預言者たちは真実を語らなかった。よい預言ばかりを求めていては、主の真実が見えなくなる。預言は100%真実であるとは限らない。主ご自身を愛し、へりくだった心で主の喜ばれることをしよう。主のみこころが見えてくる。

|

« 支えとなる祈り | トップページ | 信仰によって »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

11 列王記 第一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 支えとなる祈り | トップページ | 信仰によって »