« 聖霊体験 | トップページ | 最後の機会 »

2011年11月24日 (木)

認めることの重要性

「サウルは言った。『主の祝福があなたがたにあるように。あなたがたが私のことを思ってくれたからだ。」(Ⅰサムエル 23:21)

 

サウルの関心は、いつまでも自分のことだけであった。サウルに媚を売り、ダビデの居場所を知らせに来たジフ人たちに、サウルが言ったことばである。この前の章では、家来たちに「だれも私のことを思って心を痛めない。」と言って、祭司たちの虐殺を引き起こしている。ダビデを殺すための会話の中で言われた「主の祝福」、サウルの信仰はどうなっているのだろうか、と思わされるところである。サウルの信仰は自分自身であった。神の上に常に自分がいた。神の栄光のために仕える信仰ではなく、自分の栄光のために神を利用する信仰である。サウルの頭の中では、私のことを思ってくれたら祝福を、そうでなかったら呪いを、自分より目立つ者やその者に加担する者には死を、という考えが成り立っている。

 

----------------------

 

主イエスは、「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。」と言われた。「自分を捨てる」とは、自分の感情を置いて、みことばに明け渡すことである。サウルはダビデの活躍がねたましかった。自分の中でねたみが起こった時、その感情を否定せずに認め、主の前に持っていくことが大事である。「私はダビデをねたんでいます。主よ、この感情を聖めて下さい。私もあなたのために活躍したいです。ダビデに劣らないくらいに私をも祝福してください。」サウルが、主の前にへりくだり、こう祈れたら、事態は変わっていたかもしれないのである。主の御前にへりくだろう!

|

« 聖霊体験 | トップページ | 最後の機会 »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

09 サムエル記 第一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 聖霊体験 | トップページ | 最後の機会 »