« 兄弟への赦し | トップページ | 誘惑に打ち勝とう。 »

2011年11月13日 (日)

人か神か

「律法学者たちには気をつけなさい。彼らは、長い衣をまとって歩き回ったり、広場であいさつされたりすることが好きで、また会堂の上席や宴会の上座が好きです。また、やもめの家を食いつぶし、見えを飾るために長い祈りをします。こういう人たちは人一倍きびしい罰を受けるのです。」(ルカ 20:46,47)
律法学者たちは、神についての専門家であった。神というお方を見ず、与えられた知識によって、人の上に立っていることを自負していた。偉そうにふるまうことがステータスとなっていた。皆にうやうやしく接されることが好きであった。祈りについても、人にすごいと思われたくて、人前で長い祈りをしていた。イエスは、こういう人たちは人一倍きびいしい罰を受けるのだと言われた。

 

----------------------

 

神について、教えるということは、高ぶりに陥りやすいものである。神ご自身から目を離し、自分が主体となってしまうと、上述のような状態になってしまい、誤った神観を伝えてしまう。「私の兄弟たち。多くの者が教師になってはいけません。ご承知のように、私たち教師は、格別きびしいさばきを受けるのです。」(ヤコブ 3:1) 神について教えるということは、身を引き締め、自分を吟味しつつ、なさなければならない働きである。神は愛である。愛のない教えは神からのものではない。そのような教えについていかないこともまた、大切なことである。

|

« 兄弟への赦し | トップページ | 誘惑に打ち勝とう。 »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

42 ルカの福音書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兄弟への赦し | トップページ | 誘惑に打ち勝とう。 »