« 落胆し、失望している時 | トップページ | 聖霊体験 »

2011年11月21日 (月)

主の知恵

「サムエルは言った。「私はどうして行けましょう。サウルが聞いたら、私を殺すでしょう。」主は仰せられた。「あなたは群れのうちから一頭の雌の子牛を取り、『主にいけにえをささげに行く。』と言え。」(Ⅰサムエル 16:2)

 

これは、サムエルがサウルに代わる王となる人物に遣わされる時に、言った言葉である。サムエルの目には、サウルは「自分を否定した場合は、預言者をも殺す者」として映っていたのである。実際、民の「サウルは千を打ち、ダビデは万を打った。」という言葉を聞いて、次第にダビデを殺そうとする前から、サウルにそのような要素があることをサムエルは直感していた。そのような者を相手に、主は真実を告げよとは言われず、あたりさわりのない部分的真実を言えと言われたのであった。

 

----------------------

 

偽りを語らず、真実を告げることは、信頼関係を築く基本である。しかし、誰に対してもばか正直に事実を伝えればよいものでもない。言っても逆効果の場合がある。事実を言ったことで、相手の罪を増長させ、悔い改めの機会もなくしてしまう場合である。主のみことばは、生きている。場合によっては、矛盾のような言葉が語られることもある。どのような人に対しても、主の知恵をいただきつつ、主の真実を伝えていこう。

|

« 落胆し、失望している時 | トップページ | 聖霊体験 »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

09 サムエル記 第一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 落胆し、失望している時 | トップページ | 聖霊体験 »