« 古いぶどう酒と新しいぶどう酒 | トップページ | 対人関係での平安を守られる主 »

2011年11月 5日 (土)

みことばを理解するためには

「そこでイエスは言われた。『あなたがたに、神の国の奥義を知ることが許されているが、ほかの者には、たとえで話します。彼らが見ていても見えず、聞いていても悟らないためです。」(ルカ 8:10)

 

イエスはよくたとえを用いて訓話を説かれた。それは、彼らが見ていても見えず、聞いていても悟らないためであると言われている。たとえというものは、よく考えないと理解できないものである。神を知るためには、聞き従う心を持って聞く必要がある。同じ神の業を見ても、同じ神の言葉を聞いても、心次第で、理解が異なってくる。神というお方がどんな方かということを知り、祈り心をもって御言葉に思いをはせた時に、御言葉は生きた神のことばとして、私たちに語りかけてくる。

 

----------------------

 

御言葉を聞き流す者にはならないで、神が私に語って下さっているものとして取り込んで行こう。神のあなたへのみこころが見えてくる。

|

« 古いぶどう酒と新しいぶどう酒 | トップページ | 対人関係での平安を守られる主 »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

42 ルカの福音書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古いぶどう酒と新しいぶどう酒 | トップページ | 対人関係での平安を守られる主 »