« みことばを理解するためには | トップページ | 信頼を学ぼう。 »

2011年11月 6日 (日)

対人関係での平安を守られる主

「もしそこに平安の子がいたら、あなたがたの祈った平安は、その人の上にとどまります。だが、もしいないなら、その平安はあなたがたに返って来ます。」(ルカ 10:6)

 

ある主婦が、引っ越した社宅内で周囲になじめずに、困惑していた。仲良くなりたいと努めて話しかけても相手にされず、挨拶しても返されないことがあった。特に一人の人に悩まされていた。友人のクリスチャンに相談すると、「その人のために祝福を祈るといいよ。祝福に値する人ならば、相手が変わるし、値しないような人ならば、祈った祝福は自分に返ってくるから。」と教えてもらった。言われたように祈ってみると、会うとにらみつけられているような状態だったその人が、笑顔で挨拶してくれるようになったそうだ。その主婦は、その体験によって興味を持ち、キリストなる神を信じた。

 

----------------------

 

神は、対する相手がどのような者であっても、いつも、祈る者の平安を守って下さるお方である。恐れずに、祈りつつ、主を証ししていこう。

|

« みことばを理解するためには | トップページ | 信頼を学ぼう。 »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

42 ルカの福音書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みことばを理解するためには | トップページ | 信頼を学ぼう。 »