« 神は見捨てない | トップページ | 心しなえた時は… »

2011年10月16日 (日)

神は不変なるお方

「神ではない悪霊どもに、彼らはいけにえをささげた。それらは彼らの知らなかった神々、近ごろ出てきた新しい神々、先祖が恐れもしなかった神々だ。あなたは自分を生んだ岩をおろそかにし、産みの苦しみをした神を忘れてしまった。」(申命記 32:17,18)

 

聖書のいう罪は、私たち人間を含むすべてのものを造られた神を忘れ、他の神々を神とすることである。すべての罪はそこから始まる。すべてをお造りになった神は、全知全能であり、その真理は動くことがない。また、人間の都合や願望によって作り出されたわけでもない、全存在をご自身におかれる。

 

----------------------

 

弱っている時、苦しい時、人間は目に見える確かなものに頼りたくなる。目に見える神々は、頼りがいがあるように思える。しかし、それらは不動なる真理の神ではないと聖書は教える。目に見えなくとも、今も生きて働いておられる神に、頼り従って行こう。

|

« 神は見捨てない | トップページ | 心しなえた時は… »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

05 申命記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神は見捨てない | トップページ | 心しなえた時は… »