« 祝福の道 | トップページ | 死刑?どこが神の愛? »

2011年10月11日 (火)

試みの目的

「その預言者、夢見る者のことばに従ってはならない。あなたがたの神、主は、あなたがたが心を尽くし、精神を尽くして、ほんとうに、あなたがたの神、主を愛するかどうかを知るために、あなたがたを試みておられるからである。」(申命記 13:4)

 

信仰生活を送っていく上で、いろいろな助言やアドバイスを受けることがある。主の教えは、私たちを平安に導く。その平安の道とは、主への愛に立つ道である。みことばをよく読み、主が私たちに何を望んでおられるかを知ろう。主は心をご覧になられる。

 

----------------------------------
試みの時、逃げたくなることや放り出したくなることもあるだろう。その時は、その試みは主の御手の内で起こったことであることを思い出そう。一人ではない。主がともにいてくださるのだ。それが、自分の罪や弱さから出た試練であっても、である。主はあなたをとがめるためにではなく、あなたの主への愛を知りたいと思っておられるのだ。主を愛し、よりそっていこう。

|

« 祝福の道 | トップページ | 死刑?どこが神の愛? »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

05 申命記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祝福の道 | トップページ | 死刑?どこが神の愛? »