« 信じるということ | トップページ | 親切への拒絶に痛みを感じた時 »

2009年4月12日 (日)

人の言葉にいらだった時

「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。」(Ⅰペテロ 5:7)

会話で、人に何か(負の重荷)を負わせる人。その人に何か(傷?)があるのです。
それを出しながら、歩み、バランスを保っているのです。
指し出されたものをすべて受け取る必要はないのです。
捨てられないなら、わたしに渡しなさい。主であるわたしが処理します。
人間が行う処理は、欠けた不完全なものとなってしまうが、主の処理は、どちらに対しても完璧なものです。
だから、ゆだねなさい。
心の不安も、主にゆだねるのです。
「あなたの『その力』で歩んできなさい」。とわたしは言いました。
ギデオンは無理しましたか?(してはいないでしょう。)
ありのままの弱さをもって、そのまま進み出たのです。
力を与えるのは、わたしです。

---------------
主よ。私はいらいらしてくるのを、人のせいにしていました。
誰かのせいにしなくては、耐えられなかったのです。
これからは、主に渡します。
主が私を取り扱ってくださったように、その人を取り扱ってくださいますように。

|

« 信じるということ | トップページ | 親切への拒絶に痛みを感じた時 »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

60 ペテロの手紙 第一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 信じるということ | トップページ | 親切への拒絶に痛みを感じた時 »