« 親切への拒絶に痛みを感じた時 | トップページ | なくしたものは大きい? »

2009年4月20日 (月)

一致を保つには…

「こういうわけですから、もしキリストにあって励ましがあり、愛の慰めがあり、御霊の交わりがあり、愛情とあわれみがあるなら、私の喜びが満たされるように、あなたがたは一致を保ち、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、志を一つにしてください。」(ピリピ人への手紙 2:1,2)

神を見上げるというその一つ心を保つならば、そこには一致が見られる。
神は愛である。神への心がなくなれば、そこには、分裂をもたらす思いが生じる。

--------------------------------------
あるクリスチャンの指導者が試練の内にあった。
苦しくて苦しくて、それでも神を見上げて礼拝していた。
試練は長かった。
次第に、「こんなに長い試練は、何か間違っているからではないか」とささやく者が出てきた。
そして礼拝を休む者が出てきた。
試練の内にあった指導者は、追い討ちをかけてくる苦しみゆえに、こう言った。
「間違っていると思う者は、私の所を離れて他の所にいってもよい。」
この言葉を受け、離れていく者が起こった。
しかし、神を愛する指導者を見てきた者たちは、神に祈り続けた。
指導者の負っていた苦しみは、産みの苦しみであった。
残った人たちと共に、神の働きは前進した。

 

今日も、神の愛にとどまり続けよう。

|

« 親切への拒絶に痛みを感じた時 | トップページ | なくしたものは大きい? »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

50 ピリピ人への手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 親切への拒絶に痛みを感じた時 | トップページ | なくしたものは大きい? »