« 主にあれば、苦しみもまた祝福 | トップページ | 信じるということ »

2009年3月29日 (日)

鷲のように…

「しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。」(イザヤ書 40:31)

 

人間関係において、一生懸命やって、うまくいかなかったこと。あなたは、そのことを失敗だと思っているかもしれないが、あれは失敗ではない。互いに気付かなければならない大切なことがあった。それは、これからの働きをなす上で、必要なものである。
主を刺し通した十字架が人々の糧となったように、これからの働きであなたの通った十字架が皆の糧となっていくのである。
だから、主から受けたものは恐れないで、ただ分かち与えていきなさい。
あなたがいる所をわたしは知っている。そして、わたしもともにいるのである。このことを忘れないように歩んでいきなさい。
あなたはわたしの宝である。恐れずに進んで行きなさい。疲れた時には、わたしの与える言葉を聞きなさい。そうすれば、鷲のようにつばさをかって、飛び立つことができるだろう。
あなたに与えた霊的感性をだれにも揺るがされないように、自由を与えた。
飛び立ちなさい。娘よ。わたしが与えた自分の信じる道を、進むのです。
誰によっても邪魔されてはいけません。すべての祝福は、あなたとともにあります。

|

« 主にあれば、苦しみもまた祝福 | トップページ | 信じるということ »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

23 イザヤ書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 主にあれば、苦しみもまた祝福 | トップページ | 信じるということ »