« オリジナルテキスト「救い」 | トップページ | 助けはどこから…? »

2009年2月 3日 (火)

キリストに信頼する者は、失望させられることがない。

「聖書はこう言っています。『彼に信頼する者は、失望させられることがない。』」(ローマ 10:11)

すべて失望に終わったとしても、主に希望がある。
人間的な思いや計画、望みを超えて、すべてを巻き込み益として下さる主がともにいて下さる。
すべてに失望したとき、人間的な思い、自我を取り扱われ、主への希望だけが残る。
その時、ああ…、主はこのことを教えて下さろうと、私を取り扱って下さったんだなぁ…と悟る。
私への主のすばらしい愛、主がともにいて下さるから、すべてをゆだねて、また一歩進もう。

-------------------------------

すべて失望に終わった時、見えてくる道がある。
残された道は見栄えもなく、ひっそりと延びている道。いろいろな選択肢があった時には、決して選ばなかっただろう道。
今、あなたは何かに失望していないか。そのときこそ、「失望に終わることのない」主に信頼をおこう。
主を信頼し、主の前に静まろう。あなたにも主が招いておられる道が見えてくる……。

|

« オリジナルテキスト「救い」 | トップページ | 助けはどこから…? »

00 みことばの糧」カテゴリの記事

45 ローマ人への手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オリジナルテキスト「救い」 | トップページ | 助けはどこから…? »