エステル記

2013年8月 7日 (水)

「この時」の備えをされる主

「もし、あなたがこのような時に沈黙を守るなら、別の所から、助けと救いがユダヤ人のために起ころう。しかしあなたも、あなたの父の家も滅びよう。あなたがこの王国に来たのは、もしかすると、この時のためであるかもしれない。」(エステル 4:14)

王妃ワシュティが王の怒りにふれて退けられ、エステルが代わって王妃となった。
美しさだけではない、モルデカイの養育のもとで養われたエステルが持つ品性が王の心を捉えたのである。
王妃になった後も、エステルは養育者モルデカイの言いつけに従って日々を送っていた。
そのような中で、王の家来のハマンが、王に認められて、上の地位に就いた。
このハマンは、モルデカイが自分を崇めないことに憤り、ユダヤ人撲滅を企て、王の法令として国中に発布した。神の民の危機である。
モルデカイは、救うことができる立場にあるエステルに、王にあわれみを求めるよう言ったのであった。
---------------
神の国は、統率がとれているところに現れる。人間的な統率ではなく、神の統率である。
王妃ワシュティは、自分の思いを優先し王の命令を無視した結果、王に恥をかかせる行為によって、失墜した。
エステルは、神を恐れる養育者モルデカイの言いつけを守り、王国の命令にも従い、謙遜な中にも祈りつつ神を第一とする芯のある行動をとった結果、神の民救い、陰謀を企てた神の民の敵を滅ぼすことができたのである。
神は、すべての時のために備えをしておられる。自分にとっての「この時」を知ることができますように。

| | コメント (0)