ヤコブの手紙

2012年11月17日 (土)

知恵を求めよう。

「あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。」(ヤコブ 1:5)

神よりも知恵があるという人はいるだろうか。
いないのだが、「じゃあ、あなたは知恵がないのか?」と問われると、「私はそんなにバカではない。そこそこ人並にはあると思う。」と答えるかもしれない。
完全なる知恵を持っている人間など、いはしない。
これは、すべての人間への勧めである。
しかし、「私は知恵の欠けた者である。」と認めないと、「あなたがたの中にいるなら」とあるので、人ごとに思えるみことばである。
知恵は、まず、自分にかけていることを認め、神に求めることから始まる。
へりくだりが必要な要素である。
----------------------------------
歴史に類を見ないソロモンの知恵は、神から賜ったものであった。
神は、私たちをも神の知恵で満たして下さる。
それは神の栄光が現われるためである。
惜しげもなく、誰にでも、とがめなく与えて下さる神に、願おう。
私たちを通して、神が栄光を受けられますように。

| | コメント (0)