列王記

2012年1月11日 (水)

神への信頼

「それにもかかわらず、マナセが主の怒りを引き起こしたあのいらだたしい行ないのために、主はユダに向けて燃やされた激しい怒りを静めようとはされなかった。」(Ⅱ列王記 23:26)

ヨシュアは、徹底的に偶像を破壊した。すたれていた過越しのいけにえをもささげた。しかし、主は、ユダにもたらしたマナセの偶像礼拝の悪を許されなかった。

----------------------

罪を許すのは、神にとって簡単なことである。しかし、罪を許しはしても、人間は矯正されない。罪のもたらす結果を味わうことなしには、人間には罪を悔いることができなかっただろう。愛である神は、私たちにあえて試練を通される。試練によって、私たちは、多くのことを学ぶ。神は、神を愛する者たちに対し、不必要なことはなされない。どんな時にも、神を信頼し、神に感謝をささげよう。

| | コメント (0)

2012年1月10日 (火)

罪に対する悲しみ

「あなたが、この場所とその住民について、これは恐怖となり、のろいとなると、わたしが言ったのを聞いたとき、あなたは心を痛め、主の前にへりくだり、自分の衣を裂き、わたしの前で泣いたので、わたしもまた、あなたの願いを聞き入れる。――主の御告げです――」(Ⅱ列王記 22:19)

宮の破損を修理しようとした時に、宮で見つかった律法の書。ヨシヤはそこに書かれたことに衝撃を受けた。律法に従わなかったために、自分たちに向かって燃え上がっている主の怒りを知り、女預言者フルダのもとにみこころを求めに、使者を遣わした。フルダは、主の怒りは消えることがないと語ると同時に、へりくだったヨシヤへ、主のあわれみのことばを取り次いだのであった。

----------------------

自分たちに語られる罪とさばきを真摯に受け止め、嘆き悲しむことは、罪の性質を持つ私たちにとって、たやすいことではない。信頼とへりくだりを要することだ。「みんなやっているじゃないか」とか、「これくらいいいじゃないか」とか、「そう言うお前だってあんなことをしたじゃないか。」とか言い訳するのが、肉にある私たちである。罪にマヒしないための予防法は、罪に対して嘆き悲しむ心を失わないことである。ヨシヤは罪に対し、「先代までの王がもたらしたものだ。」「父アモンや祖父のマナセが犯したことで、仕方がない」とは言わず、自らの罪として心を痛め嘆いたのであった。その心を主は喜んでくださった。罪に対する嘆きを忘れないようにしよう。

| | コメント (0)

2011年12月27日 (火)

あっちもこっちも?

「彼らは主を礼拝しながら、同時に、自分たちがそこから移された諸国の民のならわしに従って、自分たちの神々にも仕えていた。」(Ⅱ列王記 17:33)

サマリヤがアッシリヤに取られ、イスラエル人はアッシリヤに捕え移された。それは、イスラエル人が主の道に歩まず、他の神々に仕えることをやめなかったからであった。アッシリヤの王は、イスラエルの人々の代わりに、周囲の国々から人々を連れてきて、サマリヤに住ませた。その民は主を恐れることを知らなかったため、獅子が送られ彼らを殺した。アッシリヤの王は、捕えていった祭司のひとりを連れてきて、ベテルに住まわせ、主の礼拝を教えさせた。しかし、サマリヤの人々は、めいめい自分たちの神々を安置し、祭儀を行った。これ以来ずっと、サマリヤの人々は、主を恐れ、同時に、刻んだ像にも仕えた。

----------------------

神はただおひとりである。そうでなければ、もはや、完全なる神ではない。「だれも、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。」と主イエスは言われた。ただ、神だけを愛し、恐れていこう。

| | コメント (0)

2011年12月26日 (月)

地面を打て

「神の人は彼に向かい怒って言った。『あなたは、五回、六回、打つべきだった。そうすれば、あなたはアラムを打って、絶ち滅ぼしたことだろう。しかし、今は三度だけアラムを打つことになろう。』」(Ⅱ列王記 13:19)

死の間際のエリシャのもとに、イスラエルの王ヨアシュが訪ねてきた。頼りのエリシャの死を前に、敵のアラムに対し、これからどうすればよいかと思ったのであった。エリシャは、王に、弓に手をかけさせ、アラムに面する東の窓を開けさせ、矢を射させ、「主の勝利の矢。あなたはアラムを打ち、これを立ち滅ぼす。」と告げ、矢を取って地面を打つように言った。ヨアシュは矢を取り、3回打ち、やめたのであった。

----------------------

預言者であるエリシャは、矢は勝利の矢だと言ったのである。あなたは、これでアラムを打つと。ヨアシュが本当に、敵に勝ちたく、エリシャのことばを真剣にとらえたなら、ダン、ダン、ダン…と何度も激しく打ち付けたはずのところである。ヨアシュは言われたとおりに、矢で地面を打った。しかし、ヨアシュは、何も考えずにか、トン、トン、トンと三度でやめてしまったのであった。信仰の戦いには、従順だけではなく、熱意も必要である。従順だけであっても、そこそこの勝利はあるだろう。大勝利を願うなら、熱心に主を呼び求めることが必要である。主は、勝利を約束された。私たちは、熱心に地面を打ちたたき、そのことを求めようではないか。

| | コメント (0)

2011年12月21日 (水)

選びと祝福

「そこに行ったら、ニムシの子ヨシャパテの子エフーを見つけ、家にはいって、その同僚たちの中から彼を立たせ、奥の間に連れて行き、油のつぼを取って、彼の頭の上に油をそそいで言いなさい。『主はこう仰せられる。わたしはあなたに油をそそいでイスラエルの王とする。』それから、戸をあけて、ぐずぐずしていないで逃げなさい。」(Ⅱ列王記 9:2,3)

イスラエルでは、アハブの子のヨラムが王となっていた。 主は、アハブの家へのさばきのために、エリシャに仕える若者を遣わし、エフーに油を注がれた。 そこで、アハブの妻イゼベルがなした諸悪のために、アハブの家の者を打ち殺すように告げられたエフーは、謀反を起こし、アハブの家に属する者をことごとく滅ぼした。 エフーは、バアル礼拝をも根絶やしにし、改革を行った。 エフーは主が定められた働き―アハブの家へのさばき―をことごとく行い、4代目までの子孫が王座に着くことを約束された。 が、エフーは、心を尽くして主と歩もうとはせず、金の子牛に仕えることをやめようとはしなかった。 このころから、主は敵の手によってイスラエルを少しずつ削り始められた。

----------------------

主の定められた働きが大きければ、聖く正しい人物であるとは限らない。 主は、ある目的のために用いようと思う者を用いられる。 主に用いられる時は、その選びを、厳粛に受け止めなければならない。 心を尽くして神を愛し、従うことが肝要である。 主を知ることを怠り、慢心して歩むなら、委ねられた働きが大きくとも、祝福を得ることができない。 逆に、どんなに小さく見える働きであろうとも、心を尽くして主を愛していくなら、祝福が増し加えられていく。 主に信頼して歩もう。

| | コメント (0)

2011年12月20日 (火)

希望を失った時は…

「 しかし、侍従で、王がその腕に寄りかかっていた者が、神の人に答えて言った。『たとい、主が天に窓を作られるにしても、そんなことがあるだろうか。』そこで、彼は言った。『確かに、あなたは自分の目でそれを見るが、それを食べることはできない。』」(Ⅱ列王記 7:2)

アラムがサマリヤを包囲したころ、サマリヤではひどいききんがあった。それは、自分の子どもを食べるほどのひどさであった。この惨状に、王の使者は、「これは主からのわざわいだ。これ以上、何を主に期待できようか。」と言ったが、エリシャは、「明日の今ごろ、サマリヤの門で、上等の小麦と大麦が豊かに売られる。」と預言した。その預言の言葉を聞いた侍従は、「たとい、主が天に窓を作られるにしても…」と答えたのであった。エリシャが告げたとおりに、侍従は、小麦や大麦が売られる光景を前に、民に踏みつけられて、死んでしまったのであった。

----------------------

同じ惨状を通っても、「ああ、もうだめだ。主がともにいても、助からない。」と言う人と、「主に不可能なことはない。みこころは必ずなる。」と言う人がいる。結果は、大きく異なってくる。「もうだめだ」という思いが湧き上がった時は、主の愛を思い出そう。主はあなたを愛し、あなたを救うために、十字架にかかってくださったのだということを。主を信頼し、主が示して下さる希望への道を突き進んで行こう。助けは必ずやってくる。

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

「主は生きておられる」

「そのとき、神の人エリシャに仕える若い者ゲハジはこう考えた。『なんとしたことか。私の主人は、あのアラム人ナアマンが持って来た物を受け取ろうとはしなかった。主は生きておられる。私は彼のあとを追いかけて行き、必ず何かをもらって来よう。』」(Ⅱ列王記 5:20)

アラムの王の将軍ナアマンはらい病にかかっていた。ある日、サマリヤの預言者がらい病を直せることを聞き、エリシャのもとにやってきた。ヨルダン川に七たび身を浸すように言われ、怒って帰ろうとしたが、思いとどまり、エリシャに告げられたとおり、やってみた。すると、らい病がいやされ、きよくなった。イスラエルにいる神の存在を知ったナアマン将軍は、お礼に贈り物を贈ろうとした。しかし、エリシャは「私が仕えている主は生きておられる。私は決して受け取りません。」と、頑として受け取らなかった。主を讃え、帰途に着いたナアマンが、かなりの道のりを進んだとき、エリシャに仕える若者ゲハジは、「主は生きておられる。必ず何かもらって来よう。」と思い、ナアマンを追いかけた。銀と晴着を要求し、受け取ったゲハジは、エリシャの前に出て、「どこにも行かなかった」と偽ったときに、らい病に侵されたのであった。

----------------------

「主は生きている」と、謝礼の贈り物を受け取らなかったエリシャ。「主は生きておられる」と、必ず何かもらってこようという決意を実行したゲハジ。ゲハジは、エリシャのもとで、同じ神のわざをたくさん見てきた。シェネムの女の息子が生き返った時にも、側にいた。この奇蹟を拝し、ゲハジは何を見てきたのだろうか。利得、誉れ…そのようなものに人は心を奪われやすい。エリシャは自分に向けられた贈り物は受け取らず、ナアマンに主への礼拝のための土を与えた。「主は生きておられる」と同じ言葉を用いているが、ゲハジの言葉は、自分が主体となっていた。「主は生きておられる…から私(たち)は受け取るべきだ」と。主体となってしまう自分はいないか。一時の快楽に惑わされることなく、よく吟味し、主の祝福にとどまろう。

| | コメント (0)

2011年12月18日 (日)

信仰によって

「ご覧。あのシュネムの女があそこに来ている。さあ、走って行き、彼女を迎え、『あなたは無事ですか。あなたのご主人は無事ですか。お子さんは無事ですか。』と言いなさい。」それで彼女は答えた。「無事です。」(Ⅱ列王記 4:25,26)

シェネムにひとりの裕福な女がいて、エリシャが通りかかるごとに、エリシャに食事をふるまうようになった。女は、エリシャが休むことができるようにと、屋上に小部屋も作って、もてなした。エリシャは、お礼をしたいと、子どもがいなかった彼女のために、子どもを与えた。その子が大きくなったある日、突然の頭痛で、息を引き取った。その時、母である女は、エリシャのもとにかけつけた。そして、若い者ゲハジに「お子さんは無事ですか。」と聞かれ、「無事です。」と答えたのであった。

----------------------

強がりでも偽りでもない。「神の人エリシャのことばで授かった子なのだから、エリシャが何とかしてくれる。そもそも、生まれたことも奇蹟であった…」子が自分のひざ元で死んで、平気なわけがない。動転していたことだろう。それでも、信仰に立って、エリシャのもとにやってきたのであった。エリシャが主に祈ると子は生き返ったのである。突然、降りかかった不幸に「無事です。」と答えたシャネムの女のように、信仰をもって主の御前に持って行こう。主が言われるまで、あきらめてはならない。勝利の人生を歩んで行こう。

| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

預言

「 彼は答えました。『私が出て行き、彼のすべての預言者の口で偽りを言う霊となります。』すると、『あなたはきっと惑わすことができよう。出て行って、そのとおりにせよ。』と仰せられました。」(Ⅰ列王記 22:22)

イスラエルの王アハブがラモテ・ギルアデに戦いを挑もうと、ユダの王ヨシャパテに応援を頼んだ。ヨシャパテは、まず、預言者にみこころを聞くことを願った。アハブは、四百人もの預言者を呼び寄せた。預言者たちは、口をそろえて、「戦いに行け。勝利する。」と述べた。ヨシャパテが、「他に主のみこころを求めることのできる預言者はいないのか」と聞くと、アハブは、「もう一人、ミカヤという、私については良いことは預言せず、悪い預言ばかりする預言者がいる」と答えた。ミカヤは、「アハブを倒すために、預言者たちは惑わされているのだ。」と語ったのであった。

----------------------

主のことばを退け続けているアハブに、預言者たちは真実を語らなかった。よい預言ばかりを求めていては、主の真実が見えなくなる。預言は100%真実であるとは限らない。主ご自身を愛し、へりくだった心で主の喜ばれることをしよう。主のみこころが見えてくる。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

支えとなる祈り

「七度目に彼は、「あれ。人の手のひらほどの小さな雲が海から上っています。」と言った。それでエリヤは言った。「上って行って、アハブに言いなさい。『大雨に閉じ込められないうちに、車を整えて下って行きなさい。』」」(Ⅰ列王記 18:44)

カルメル山でのバアルの預言者たちとの戦いで、民の面前で、主とバアルの違いを明らかにし、バアルの預言者たちを一掃した後、エリヤは、アハブに「上って行って飲み食いしなさい。激しい大雨の音がするから。」と言った。エリヤは、先ほどの戦いの祭壇の場のカルメル山に登り、地にひざまずいて祈った。それから若者に海が見えるところに上って行かせた。「何も見えません。」と報告する若者に、7度繰り返させ、7度目に手のひらほどの小さな雲が海から上っているのが見えた。小さな雲だったが、やがてエリヤが言ったとおり、激しい大雨となったのである。

----------------------

エリヤは「アハブに会いに行け。わたしはこの地に雨を降らせよう。」という主のことばによって、アハブのもとに遣わされたが、雨が降る気配は全くなく、晴れ渡った空には、小さな雲ひとつない状態だった。そのような中、エリヤは、アハブに大雨を宣言し、「雲ひとつ見えない」と報告する若者が行き来する間も、揺るがなかった。エリヤには、主の言われたことは、絶対であると信じていた。王に殺されそうな目に合いながらも、主を信じることができたのは、祈りの中、主の真実をいつも体験させていただいていたからである。弱さを覚えた時、どこにいても、必ず主が励ましを与えてくれた。時にはからすを、また別の時は天使を遣わして…。私たちもエリヤのように、へりくだり、ひざまずいて祈ってみよう。主のなさろうとすることが見えてくる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧