コリント人への手紙

2018年11月19日 (月)

『さばく力-争いの仲裁-』Ⅰコリント人への手紙 6章1節~11節

『さばく力-争いの仲裁-』 Ⅰコリント人への手紙 6章1節~11節(新改訳聖書使用)

罪の容認

 党派、不道徳、訴訟、偶像にささげられた肉、主の晩餐の濫用、偽使徒、結婚の諸問題、集会における無秩序な行為、教会における婦人の位置、復活に関する異端・・・、交通の要所であったコリントの町は、いろいろな人種が入り混じっていたために、教会内にもいろいろな問題が起こっていた。商業貿易の中心であったコリントは、邪悪かつ不道徳な町として有名であり、コリントという語が、堕落と同義語にさえなっているほどの不品行の町であったらしい。性的にも放縦に暮らしていたコリント人たちは、このような土壌、環境のもと、救われた後もこの習慣をきっぱり断ち切ることができない者が教会内部にもいた。教会の中で、継母を妻にしたという不品行の罪がパウロの耳に届いた(Ⅰコリント 5:1)。父がすでになくなっていようが、父とはすでに離婚していようが、どんないいわけをしたとしても、父の妻と関係を持つことは、律法ではっきりと禁じられている(レビ 18:7,8)悔い改め、方向転換するべき罪であった。コリント教会のクリスチャンは、このような罪が教会内にはびこっていても、なお、誇り高ぶっていた。教会の中では、個人の罪は、一個人の罪にとどまらない。周囲は、クリスチャンの罪として見る。キリストのからだの罪となり、「クリスチャンがあのようなことをしている。」と主の敵に大いに侮りの心を抱かせることになるのである。ダビデが、ウリヤの妻と不品行の罪を犯し、その罪を認めたとき、ナタンは言った。「主もまた、あなたの罪を見過ごしてくださった。あなたは死なない。しかし、あなたはこのことによって、主の敵に大いに侮りの心を起こさせたので、あなたに生まれる子は必ず死ぬ。」(Ⅰサムエル 12:13,14)キリスト者の罪の容認は、キリストを侮らせることになるのである。

 教会の中で、罪が発覚したときの正常な反応は、痛みと悲しみである。パウロが、「そのような行ないをしている者をあなたがたの中から取り除こうとして悲しむこともなかったのです。」(Ⅰコリント 5:2)と言っている「悲しむ」の原語は、死者への追悼をあらわすことばである。罪に対するいいかげんな態度は危険なものである。罪に慣れ親しんでしまうからである。そのうちに、罪がわからなくなる。麻痺してしまうのである。罪悪感があるうちは、まだ、立ち返るチャンスがある。罪に対する唯一の安全保障は、罪を見てショックを受けることであると、バークレーは言っている。これがなくなってしまうと、罪がわからなくなり、容認していくことになるのである。愕然として、みずから傷つき痛むべきものである。キリストを十字架にかけた人類すべての罪、これにショックを受けることなしに、キリストを知ることもできないし、よって、救いもない。パウロは、「私のほうでは、…そのような行ないをした者を主イエスの御名によってすでにさばきました。…私たちの主イエスの権能をもって、このような者をサタンに引き渡したのです。それは彼の肉が滅ぼされるためですが、それによって彼の霊が主の日に救われるためです。」(Ⅰコリント 5:3-5)パウロは、このように罪から離れられない者を、主の権威を用いて、教会の交わりから断ち、世に戻したのである。これは、パウロの愛から出ていた。除名することによって、罪の重大さを悟り、新生するためであった。罪の予防と治療のためである。このようにさばいたパウロが、むしろ、罪を黙認し、見逃していたコリントの兄弟たちを「高慢」(Ⅰコリント 5:2,6)と呼んでいることに注目したい。神を知らない者にとっては(神を無視するなら)、「主イエスの御名によってすでにさばきました。」と言いきれるほうが、高慢に聞こえ、「他人の罪を扱うなんて、おまえは、何者なのか。」と反論されそうである。主イエスが、屋根からつり降ろされた中風の男を「あなたの罪は赦された」と言っていやされた時、「律法学者、パリサイ人たちは、『神をけがすことを言うこの人は、いったい何者だ。神のほかに、だれが罪を赦すことができよう。』」(ルカ 5:21)と言った。どっちが高慢であるか、いうまでもなく明白である。パウロがここで言っているさばきは、そもそも「さばく」と取るのが間違いなのであって、神の国を「治める」ということである。

 コリント教会は、黙認すべきではない事実、罪は見逃して、戦うべきではない罪でもない問題については、教会以外の権威に訴えてでも争うというふうに、与えられた治めるという機能を用いずにいた。神よりも自分の感情によって処理していた。この高慢というパン種は粉のかたまり全体をふくらませる。パン種というのは、前回パンを焼いたときから保存しておいた、発酵した練粉のことである。ユダヤ人は発酵を腐敗と同一視していた。パン種は腐敗させ堕落させる影響のことである。わずかなパン種が全体を腐らせるということである。

罪の取り扱い

 パウロは、以前、コリントの教会に不品行な者とつきあうなと書き送っていた(Ⅰコリント 5:9)ところ、コリントの兄弟姉妹は、それを、教会外部に当てはめてしまったいたようだ。これを外部に実行するなら、未信者に恵みを知らせるどころか、さばくようなこと(断罪、高慢)になっただろう。コリントのような不品行のはびこる町では、教会は孤立化してしまうことになる。パウロが、真に意味するところは、「もし、兄弟と呼ばれる者で、しかも不品行な者、貪欲な者、偶像を礼拝する者、人をそしる者、酒に酔う者、略奪する者がいたなら、そのような者とはつきあってはいけない、いっしょに食事をしてもいけない、ということで」(Ⅰコリント 5:11)であった。この思いは、先に述べたように、罪を犯している兄弟を悔い改めに導くため、主を侮らせないためであった。

 続けて、パウロは述べる。「外部の人たちをさばくことは、私のすべきことでしょうか。あなたがたがさばくべき者は、内部の人たちではありませんか。外部の人たちは、神がおさばきになります。その悪い人をあなたがたの中から除きなさい。」(Ⅰコリント 5:12,13)教会外部の人たちの罪は、神を知らないでしていることゆえ、その人たちにしなければならないことは、福音を伝えることであって、さばくことではない。神のみが人の心を知っておられる。未信者については、神にさばきをゆだねなければならない。教会内の人については、互いに訓戒し合うという責任がある。神を知っている者同士としてできる特権である。もちろん、兄弟愛に基づいて、柔和に、である。断罪する心しかないなら、問題であるが。愛の心が問題なのである。神が明らかに罪であると断言しているにもかかわらず、悔い改めない兄弟のそのような罪を見過ごすことこそ、高慢なことである。罪を指摘されていい気分になる者はいない。神よりも自分の立場を重視しているからである。そうであるからこそ、パウロは、内部の人たちをさばきなさいと言っているのである。日本人にとっては、苦手とするところである。しかし、愛があるなら、死をもたらす罪(「罪から来る報酬は死です。」(ローマ 6:23))を見過ごしにできるはずはないのである。罪の指摘と言ったが、悔い改めない者に対してであって、いつでも、どこでも、誰にでも、ということではない。

治めることの大切さ

 パウロは続ける。「あなたがたの中には、仲間の者と争いを起こしたとき、それを聖徒たちに訴えないで、あえて、正しくない人たちに訴え出るような人がいるのでしょうか。あなたがたは、聖徒が世界をさばくようになることを知らないのですか。世界があなたがたによってさばかれるはずなのに、あなたがたは、ごく小さな事件さえもさばく力がないのですか。」(Ⅰコリント 6:1,2)裁判官には六法全書がある、それ以上のものとして私たちには、聖書がある。「これらのことは、あなたがたが住みつくすべての所で、代々にわたり、あなたがたのさばきのおきてとなる。」(民数記 35:29)確かに、愛ではなく、律法的にさばくのはいけないが、善と悪を教える聖書に基づいて、正しく神の国を治めていくことは、しなければならないことなのである。これをせずして、一致できるわけがない! 不義が通っているところには(無法がまかりとおっているところには)一致など生まれるわけがない。治める者がいなかった士師の時代、めいめいが自分の目に正しいと見えることを行なって、堕落とさばきつかさの台頭をくりかえしていた無秩序の時代を思えば、いかに治めることが大切か理解できることだろう。治める者が使徒や預言者と並ぶ務めの賜物として、あげられているのは、それだけ重要だからである。「神は教会の中で人々を次のように任命されました。すなわち、第一に使徒、次に預言者、次に教師、それから奇蹟を行なう者、それからいやしの賜物を持つ者、助ける者、治める者、異言を語る者などです。」(Ⅰコリント 12:28)「さばく力」それは、主からくる賜物なのである。

 だれひとりとして、問題の解決にかかわろうとしない状態をパウロは、嘆き叱責する。「いったい、あなたがたの中には、兄弟の間の争いを仲裁することのできるような賢い者が、ひとりもいないのですか。」(Ⅰコリント 6:5)また、次のようにも言っている。「あなたがたは、正しくない者は神の国を相続できないことを、知らないのですか。だまされてはいけません。不品行な者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者、男娼となる者、男色をする者、盗む者、貪欲な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者はみな、神の国を相続することができません。」(Ⅰコリント 6:9,10)クリスチャンの罪は、過去から未来にわたって、赦されているから、大丈夫などとパウロは言ってはいないのである。このことは、キリスト者であるコリントの人に言われたことであることを重視しなければならない。「神の国に入れない」と言っているのである。「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたがたは、柔和な心でその人を正してあげなさい。また、自分自身も誘惑に陥らないように気をつけなさい。互いの重荷を負い合い、そのようにしてキリストの律法を全うしなさい。」(ガラテヤ 6:1,2)キリストの律法、神への愛と人への愛、を全うするために、互いの重荷を負い合い、正していくことが神の国には必要なのである。「傷つくほうが悪い。」というメッセージを幾人かの口から聞いたことがある。神の国は、弱肉強食の世界ではない。傷ついたほうにも問題がある場合もあるのかもしれないが、相手があってのこと、どっちもどっち、重要なことはその心、愛である。たとえ、傷つくほうが悪いとしても、「傷つくほうが悪い。」と言っているところに、行きたがる人がいるであろうか。

 今までの個所で、パウロは「さばけ」と言っているが、他のところでは、パウロは、さばくことをとがめているし(ローマ 2:1-6, 8:1, 14:4, 8:33)、自分をさばくことすらしないと言っている(Ⅰコリント 4:3)。主イエスだって、さばいてはいけないと言って、自分の梁をそっちのけにして、他人のちりを除こうとする行為を指摘している(マタイ 7:1, ルカ 6:37)。さばけと言ったり、さばくなと言ったり、聖書はどっちを言っているのか、となるところである。神の国は、愛の国である。このときはこうすること、と単純にマニュアル化して決められるような単純なものではない。その心が、動機が、神への熱心でもなく、愛でもなく、ただ非難し、他人をさげすむような高慢であったなら、してはならないことである。

 この罪の扱い方について、他の個所も見てみよう。「もし、あなたの兄弟が罪を犯したなら、行って、ふたりだけのところで責めなさい。もし聞き入れたら、あなたは兄弟を得たのです。もし聞き入れないなら、ほかにひとりかふたりをいっしょに連れて行きなさい。ふたりか三人の証人の口によって、すべての事実が確認されるためです。それでもなお、言うことを聞き入れようとしないなら、教会に告げなさい。教会の言うことさえも聞こうとしないなら、彼を異邦人か取税人のように扱いなさい。まことに、あなたがたに告げます。何でもあなたがたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたがたが地上で解くなら、それは天においても解かれているのです。」(マタイ 18:15-18)クリスチャンには、罪の赦しの権威までもが与えられている。「つまずきが起こるのは避けられない。だが、つまずきを起こさせる者は、忌まわしいものです。この小さい者たちのひとりに、つまずきを与えるようであったら、そんな者は石臼を首にゆわえつけられて、海に投げ込まれたほうがましです。気をつけていなさい。もし兄弟が罪を犯したなら、彼を戒めなさい。そして悔い改めれば、赦しなさい。かりに、あなたに対して一日に七度罪を犯しても、『悔い改めます。』と言って七度あなたのところに来るなら、赦してやりなさい。」(ルカ 17:3)詳訳聖書で見ると、「気をつけなさい。<いつも自分で注意していなさい<互いに見張っていなさい>。もしあなたの兄弟が罪を犯し<的をはずし>たならば、彼にまじめに話し<彼を戒め>、悔い改めたならば<罪を犯したことを悔いていたら>、赦しなさい。である。罪の自覚も悔い改めもないのに、赦すようなことは、神はなさらない。罪を知らない者の何を赦すのか、赦しの必要を感じていない人の何を赦すのか、キリスト教は、ひとりよがりに慢心する宗教ではない。「あなたがたは、信仰に立っているかどうか、自分自身をためし、また吟味しなさい。それとも、あなたがたのうちにはイエス・キリストがおられることを、自分で認めないのですか。――あなたがたがそれに不適格であれば別です。――」(Ⅱコリント 13:5)キリストが内在するなら、キリストを十字架にかけた罪に対して、いいかげんにしておくことができないはずである。「あからさまに責めるのは、ひそかに愛するのにまさる。憎む者がくちづけしてもてなすよりは、愛する者が傷つけるほうが真実である。」(箴言 27:6)まだまだ、あるが、要するに、愛という動機が大切であるということである。

実例

 実際、神の人が、罪をどのように扱ったかを、旧約新約それぞれ見てみよう。旧約では、先程も少し触れたが、ダビデ王が、ウリヤの妻バテ・シェバと不品行の罪を犯し、罪をごまかすために、夫のウリヤを戦地で死ぬように計った例を見る。ウリヤが死に、ダビデは、バテ・シェバを妻とし、バテ・シェバは男の子を生んだ。主の預言者ナタンを通じて、罪とさばきが言い渡され、ダビデは、悔い改めた(Ⅱサムエル12章)。ダビデが罪を犯してから、子供が生まれ、病死するまで一年以上はたっていることになる。また、このナタンが言ったもうひとつの罪の刈り取りともいえる三男アブシャロムの謀反は、さらに数年、数十年の後のことである。このように、神の国に深くかかわる罪をナタンが、王であるダビデに、喜んで告げたはずがない。王の心次第では、殺されかねないのである。罪に対する痛み、悲しみ、神や神の民に対する愛ゆえに、できたことである。

 新約では、バプテスマのヨハネを見てみよう。ヘロデ王が、自分の兄弟ピリポの妻ヘロデヤを妻としていたことをヨハネが「あなたが兄弟の妻を自分のものとしていることは不法です。」と告げた(マルコ 6:18)。自分の兄弟の妻をめとることは、兄弟をはずかしめる忌まわしい行為であって律法で禁じられていた(レビ 20:21)。ヨハネは、捕えられ、牢につながれ、祝宴の余興として、首をはねられ殺された。罪を侮る者にとっては、ヨハネの死は、ばかばかしく見えるのだろうか。「のこのこ言わなくてもよいことを王に言いに行き、牢屋に入れられ、証しにならない死に方をした」とでも言うのだろうか。主イエスは、獄中のヨハネを「女から生まれた者の中で、バプテスマのヨハネよりすぐれた人は出ませんでした。しかも、天の御国の一番小さい者でも、彼より偉大です。」(マタイ 11:11)「実はこの人こそ、きたるべきエリヤなのです。」(マタイ 11:14)と言い表した。

 パウロは、罪を扱わない教会について、言ったのである。「あなたがたは、聖徒が世界をさばくようになることを知らないのですか。世界があなたがたによってさばかれるはずなのに、あなたがたは、ごく小さな事件さえもさばく力がないのですか。」(Ⅰコリント 6:2)「いったい、あなたがたの中には、兄弟の間の争いを仲裁することのできるような賢い者が、ひとりもいないのですか。」(Ⅰコリント 6:5)

 教会の一致のためには、さばく力、仲裁による問題解決、治める賜物をも求める必要がある。

落ち穂の会

| | コメント (0)

2013年10月23日 (水)

何とかして幾人でも

「弱い人々には、弱い者になりました。弱い人々を獲得するためです。すべての人に、すべてのものとなりました。それは、何とかして、幾人かでも救うためです。」(Ⅰコリント 1:22)

パウロの救霊は、自分を捨てて、すべての人に応対できるよう、へりくだりの中でなされた。
しかし、福音を語る姿勢は、きっぱりとしたもので、混ぜ物はなく明確に伝えたのである。
それは、神であられるのに、人の姿をとって、私たち罪人のところに来て下さったキリストに通じるものであり、神の心から出たものであった。
---------
愛の現れ方は個人個人、異なっている。
優しく柔和に接することは詐欺師にもできるものだ。
しかし、主の愛はそのようなものではなく、不動のものである。
ダメなことはダメとはっきりいうことだ。
コントロールすることなく相手の意思を尊重し、待つことができるものだ。
神の名を利用して、人を自分につけようと根回しすれば、その人をわたしに誘導することはたやすいことである。
その救われた人たちが本当に神であるわたしを必要としているならば、わたしがその人を導く。
導くのは、神であるわたしがする。心配はいらない。
人が自我で救霊の働きをしていたとしても、それを用いてもわたしは救いに導きたい。
だから、救霊の働きをしている者が、たとえ自我の矯正を拒んでいたとしてもそのままにしているのだ。
そうしても、何とかして幾人かでも救いたいのだ。
矯正を拒んでいた者がわたしにとどまり続けるなら、いずれ、必ず自我を手放す時が来る。
あなたがたは、そのことにつまずくのではなく、救われた人たちが、つまずきを覚えた時に、正しく導けるよう適度な正しい距離を保ちつつ関わっていなさい。

| | コメント (0)

2013年10月 8日 (火)

殻を打ち破る作業

「あなたがたのあった試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることのできるように、試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。」(Ⅰコリント 10:13)

ここで、パウロは、キリストを信じているクリスチャンに向かっての注意を語っ
ている。
同じ御霊の食べ物を食べ、同じ御霊の飲み物を飲んだにもかかわらず、荒野の試
練で、つぶやき、偶像礼拝に陥って、滅ぼされた先祖の例をあげて…。
これらのことが起こったのは、私たちへの教訓のためであったとある。また、
私たちが悪をむさぼることのないためだとある。
---------------------
私達は、苦しみの試練にあうと、これぐらい許されると、自ら脱出の道を作ろう
とする。
神にあって私達が通る試練には、意味がある。
親鳥が卵から雛がかえる時、殻を破るのを手伝わないのは、雛が死ぬことがない
よう、力をつけさせるためだ。そうやって、雛は強くなっていく。
殻を破るのは、生まれてくる雛にとっては、とても苦しい作業だ。
雛にはわからない。「助けてくれればいいのに。」と。
一つ一つが殻を打ち破る作業。強め、主の似姿に変えられるための試練。
殻の中に留まっていることは、心地よいかもしれないが、滅びへの道だ。
神とともに歩むとは、肉を取り扱われ続けるということである。
私達が殻を破るのを見守っておられる主が、共におられる。

| | コメント (0)

2013年9月24日 (火)

人のパワーと神の力は異なるもの

「十字架のことばは、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。」(Ⅰコリント 1:18)

プラスのパワーをもらえるところに、人は群がる。
自己啓発やカウンセリングのセミナーが、人気を博している。
それもある程度は、解放を得られるだろう。
しかし、時が経つにつれて、パワーがなくなり、リバウンドすることになる。
応急処置にはなるが、根本的な部分は、なおも解消されずに、深い部分に眠って
いる。
神の力は、人の目には、一見愚かに見える。
自分を捨て、高ぶりを捨て、へりくだって神のもとに来なければ、知ることので
きない道である。
--------------
十字架上で、主イエスは言われた。「主よ。彼らをお許しください。彼らは、何
をしているのか自分でわからないのです。」と。
強そうに見える人に、頼りたい思いが人間にはある。
私たちは、皆、「何をしているのか自分でわからない」神から的を外してしまう
罪の性質を持って、この世に生まれている。
力がなくなった時には、「何をしているのか自分でわからない者です。どうすれ
ばよいか教えてください。」と、まず神の前に聞いていこう。
その時、神の力が、注がれる!!

| | コメント (0)

2012年12月 9日 (日)

神の制約

「あなたがたは、私たちの中で制約を受けているのではなく、自分の心で自分を窮屈にしているのです。」(Ⅱコリント 6:12)

神を信じ、従いたいと思い、聖書を読んだ時、いろいろな命令が飛び込んでくる。
神の命令を守ろうと必死でがんばり、人にもそれを求めていくと、次第に喜びがなくなっていく。
神が望んでおられることは、何であるかをよく考えよう。
神は愛である。神は規則的に従うことを望んではおられない。
ただ規則的に従うのは、ロボットである。
律法は「神と人との愛に集約される」と主イエスは言われた。
神は神と人への愛から命令を守ることを望んでおられる。
愛から出ているため、それは喜びであり、苦にならない。
人に押し付けることもない。そこには、ただ愛が見られるだけだ。
---------------
まず、神というお方を正しく知ろう。
神がどんなに私たちを愛して下さっているかを。
神の愛の内にとどまり、その自由を満喫しよう。
従わずにはいられない神の愛がそこにある。

| | コメント (0)

2012年8月31日 (金)

神により頼もう。

「ほんとうに、自分の心の中で死を覚悟しました。これは、もはや自分自身を
頼まず、死者をよみがえらせてくださる神により頼む者となるためでした。」(Ⅱコリント1:9)

パウロは、死を意識するほどの苦しみの中を幾度となく、通り抜けた。
死に直面する度、小さな自分、土くれにすぎないはかない自分を実感したことだろう。
弱さの中で、主に呼ばわり、幾度となく助けられたことだろう。
死を意識する中で、パウロは、自分の思いを捨て、主に明け渡すことを学んでいった。
その経験に基づくパウロの言葉は、苦しみの中にある多くの兄弟姉妹の慰めとなり、励ましとなった。

----------------------
苦しみを知らない者にとって、他人の苦しみは理解できない。
傷ついたことがない者にとって、他人の傷・弱さは理解できない。
「自分は傷ついたことがない強い心の持ち主だ」という人は、強いようだが、実はもろい強さである。自分を知らない強さである。
かすり傷を含め、肉体に傷ついたことがないと言える人がいないように、心に傷を受けない人などいないのである。
主は、愛する私たちのために、涙を流された。
愛すれば愛するほどに、期待すれば期待するほどに、意に反する行為は、傷を与える。
傷つきながらも、その傷を自分にではなく、神に向け、神により頼むところに勝利がある。
神は、弱さの中に働かれる。弱いということは、実は最強なのである。
神が味方だからである。
傷も苦しみも主の前に差出し、明日も神により頼みつつ、信頼とともに生き抜いていこう。

| | コメント (0)

2009年4月15日 (水)

親切への拒絶に痛みを感じた時

「愛は寛容であり、愛は親切です。…」(Ⅰコリント 13:4)

あわれみから行なったことを、人に感謝されればうれしいでしょう。
それが、共依存や迷惑を生み出すとは限らないのです。
相手によることでじょう。

主を見上げてなした親切を悔やむことはない。
相手がそれを受け取らなかったり、利用したりするのは、相手の罪であって、あなたが負うところの罪ではない。
その行為が、自分の誉れではなく、主を見上げて行ったものならば、それは尊く、神は喜んでくださる行為です。

| | コメント (0)

2008年6月26日 (木)

その忍耐は主の栄光のものか?

「あなたがたは賢いのに、よくも喜んで愚か者たちをこらえています。事実、あなたがたは、だれかに奴隷にされても、食い尽くされても、だまされても、いばられても、顔をたたかれても、こらえているではありませんか。」(Ⅱコリント 12:19,20)

ひどい腰痛に1年近く、悩まされた姉妹がいた。
とある出来事により、ストレスを受け、その後、しばらくして腰痛になったものであった。
病院へ行き、痛み止めを飲んでも効かず、整体にかかっても治らなかった。
ある時、頭痛の緊張をとくための薬を飲んだところ、腰痛までもよくなったことがあった。
心から来ているのかと思い、腰痛が発している心の声に耳を傾けてみた。
「がんばってつながってないと、切り捨てられる…」腰痛はそう言っていた。

ある日、派遣先の職場の上司の女性から、「つらかったら休んで大丈夫ですからね。」と、優しく言われた。
その一言で、姉妹の目から涙があふれた。
姉妹には、チームで頑張った結果、体のいい言葉だけで認めてもらえず、放置され続け、精根尽き果て、チームが分裂したというつらい過去があり、それを忘れようと、次の職場で必死で頑張っていたのであった。
「私は上に立つ人から、こう接してほしかった。」 この一言を押し殺して、ためていた結果、腰痛になっていたのである。

どうにかなっている時にはわからず、病んで動けなくなった時に、見えてくる真実…。
腰痛になった経験で、姉妹は、すべてにおいて我慢することが決してよいことではなく、感情をうまく表すこともまた大切であることを知ったのであった。

---------------
聖書は忍耐の徳を幾度となく語っている。
しかし、忍耐にも種類がある。何でも忍耐すればよいというものではない。
時には、叱りつけたり、Noということも必要である。
その忍耐は、主の栄光が現われる忍耐であろうか?
耐えるべき事か、そうではない事か、祈り考えてみよう。
蛇のように聡く、鳩のように素直になり、元気に主を証ししていこう。

| | コメント (0)