2009年5月11日 (月)

なくしたものは大きい?

「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。」(ヨブ記 1:21)

大富豪のヨブは潔白で正しく、神を恐れて生きてきた信仰者だった。
そのようなヨブに、普通なら耐えられないような苦難が次々起こった。
強盗に襲われ、天から火が降って、盗賊に襲われ、財産の一部としもべを失った。
そうこうしているうちに、次は、大暴風で家が倒れ、10人いた息子と娘、すべてを失ったのである。
冒頭のみことばは、その時、ヨブが語ったことばである。
信仰が試され、神の前にへりくだった時に、前以上の財産、子供が以前と同数の10人与えられたのであった。
失った子供たちは返らないが、ヨブは、その子たちも神のもとでまみえる日が来ることを信じたのである。

--------------------------------------
子よ。失ったものを惜しんで歩むのをやめ、残されたものに目を向けなさい。
失われたものに心奪われる時は、祝福を求めなさい。
すべての祝福の基である主がともにいてくださるのです。

今日も大胆に恵みの座に近付いていこう。

|