« 2014年2月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年4月

2014年4月 9日 (水)

「霊の戦い―虚構と真実」(ウィリアム・ウッド/パスカル・ズィーヴィー著 いのちのことば社発行)

Reitatakai 教えの行き過ぎを防ぎ、一致を保つために、必要な事柄が書かれていた。

「私たち人間は弱い者です。知らないうちに様々な偶像を作ってしまいます。神よりも富に頼ったり、神のみこころよりも名誉を求めたり、神よりもこの世を愛したりするようになってしまいます。偶像を持っていては、本当の幸せも得られないし、神のみこころを行うこともできません。そこで主は、私たちに試練を与え、軌道修正をさせてくださいます。苦しい時に、私たちは自分の人生の優先順位を考え直します。
『主よ、あなたこそ、私のすべてです。あなたのみこころこそ、私にとっては最善です』という信仰の基本に戻るのです。ここに神の目的があるわけですが、霊的戦いにこだわり過ぎると、主の計画を見失うばかりか、場合によってはその計画に反対することになります。
思うようにいかないことがあると、へりくだってそのことを主に委ねるのではなく、邪魔するサタンを縛る。このことにどんな目的があるのか、私の学ぶべきことは何かと考えるのではなく、『必ず私の信じたとおりになるはずだ』と宣言する。こうなると、私たちのクリスチャン生活の焦点がズレていると言わざるを得ません。一番大事なのは、私たちのプランの実現ではなく、みこころの実現です。そして、そのみこころの中で、特に神が望んでおられることは、私たちがいよいよイエスさまの御姿に似た者となることなのです。」(35頁)

ちょうど、ヨブのことを考えていた時に、下記の表記を読み、うなずきました。

「試練を通して清められたヨブは、ただ神を愛し、神に頼り、自分の身を神に委ねる者となりました。つまり、富や名誉に対する執着心、あるいは関心がなくなったのです。与えられれば感謝なことだし、与えられなくても感謝なことだ。このような信仰をもって、人生の新たなスタートを切ったわけですが、ここまで徹底的に神に扱われて、整えられた人は、どんなに富や地位が与えられても、大丈夫です。神から目を離す心配がないからです。一方、まだ富や名誉を愛したり、求めたりする思いが残っている人に対しては、主はヨブと同じような祝福を注ぐことはできません。危ないからです。その人のためにならないばかりか、悲劇を生み出してしまいます。
 結局、ヨブはサタンの訴えが嘘であったことを証明しました。御利益があるから、神に仕えていたのではありません。自分の創造者であるから、主権者であるから、良いお方であるから、そのみこころに従ったのです。サタンは、人がこのような信仰に至らないように働きます。そうです。これが最大の霊的戦いです。そして私たちはキリストの権威をもって、この戦いに臨み、サタンに立ち向かうのです。」(38頁)

行き過ぎて神から目を離してしまわないように、主イエスとともに歩んでいきましょう。

| | コメント (0)

2014年4月 4日 (金)

「教会がカルト化するとき」(ウィリアム・ウッド著 いのちのことば社発行)

Cult

最近、カルトって、どういうものを言うのかという質問を受けます。
リバイバルを願うならば、この問題に向き合って、知恵をいただきつつ治めていく必要があると、ずっと思っています。
この本にわかりやすいチェックリストが掲載されていました。
自己吟味して、予防に役立ててください。

「カルト」と「カルト化」の違いと注意

「カルトとは、人間社会に破壊的な結果をもたらす集団のことを言います。ですから、あるグループがカルトであるかどうかを判断するときに、どれだけの具体的な被害が出ているかを見極めることがポイントです。はっきり『カルトだ』と判断できる教会は、ごくわずかだと思われます。しかし、『カルト化している』と言わざるを得ない教会の数は、はたしてどうでしょうか。『カルト化している』とは、すなわち、カルト的体質や特徴を持っているとか、カルトと同じような手法を用いているとか、カルト的傾向が見られる、という意味です。

一つの宗教団体がカルトなのかどうか、あるいは、カルト化しているかどうかの判断は、ちょうど医者が患者を診察して、病気の診断を下すときと同じくらい、複雑で、難しい作業です。さまざまな情報を総合的に見る必要があります。ですから、本来なら、それはカルト問題の専門家の手にゆだねられるべきことだと考えますが、読者の参考のために、幾つかの基本的なガイドラインを記しておきます。簡単な説明の後、さらに細かいチェックリストがあり、家庭医学書のような役割を果たすと思います。しかし、このチェックリストに基づいて、『私の教会はカルトだ』とか、『カルト化している』と自分で判断して、軽率に『カルト呼ばわり』をしないように、読者の方々にくれぐれもご注意をいただきたいと思います。必ず専門家に相談されるようにお願いいたします。」(68-69頁)

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年8月 »