« 主のみこころを知る | トップページ | 弱さは思いやりに。 »

2013年10月23日 (水)

何とかして幾人でも

「弱い人々には、弱い者になりました。弱い人々を獲得するためです。すべての人に、すべてのものとなりました。それは、何とかして、幾人かでも救うためです。」(Ⅰコリント 1:22)

パウロの救霊は、自分を捨てて、すべての人に応対できるよう、へりくだりの中でなされた。
しかし、福音を語る姿勢は、きっぱりとしたもので、混ぜ物はなく明確に伝えたのである。
それは、神であられるのに、人の姿をとって、私たち罪人のところに来て下さったキリストに通じるものであり、神の心から出たものであった。
---------
愛の現れ方は個人個人、異なっている。
優しく柔和に接することは詐欺師にもできるものだ。
しかし、主の愛はそのようなものではなく、不動のものである。
ダメなことはダメとはっきりいうことだ。
コントロールすることなく相手の意思を尊重し、待つことができるものだ。
神の名を利用して、人を自分につけようと根回しすれば、その人をわたしに誘導することはたやすいことである。
その救われた人たちが本当に神であるわたしを必要としているならば、わたしがその人を導く。
導くのは、神であるわたしがする。心配はいらない。
人が自我で救霊の働きをしていたとしても、それを用いてもわたしは救いに導きたい。
だから、救霊の働きをしている者が、たとえ自我の矯正を拒んでいたとしてもそのままにしているのだ。
そうしても、何とかして幾人かでも救いたいのだ。
矯正を拒んでいた者がわたしにとどまり続けるなら、いずれ、必ず自我を手放す時が来る。
あなたがたは、そのことにつまずくのではなく、救われた人たちが、つまずきを覚えた時に、正しく導けるよう適度な正しい距離を保ちつつ関わっていなさい。

|

« 主のみこころを知る | トップページ | 弱さは思いやりに。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 主のみこころを知る | トップページ | 弱さは思いやりに。 »